新築一戸建てを購入するときの手続きの流れ

購入するときの手続きの流れ もうすでに建っている新築一戸建てを購入する場合の手続きは、まず住宅ローンを組む場合は、借り入れができるかどうかの事前審査を行います。
その時に、この家を買うと土地建物代金の他にいくらぐらいの諸費用がかかるのかという見積もりを出してもらい、それもプラスした金額で審査にかけます。
審査に通ると次はカーポートなどオプションで追加したいことなどの打ち合わせをして、契約をおこなっていきます。
契約ではその新築一戸建てに関する重要な説明を受けますので、時間は少々かかりますが、後々のトラブルを防ぐためにもしっかりと聞いておくようにしましょう。
この時に手付金を支払う形になります。
金額は原則、取引物件価格の1割の価格になります。
契約が終わると住宅ローンの本申し込みにはいりますので、住民票などの書類を用意して手続きをしていきます。
本申し込みにも通ると、いよいよ引き渡しの日にちを決めます。
この日に残り代金の支払い、仲介手数料の支払い、登記の名義変更、鍵の引き渡し等すべての取引を行います。
それまでに火災保険の加入などもしておく必要があります。
引き渡しが終わると、現地で給湯器の使い方等の説明を業者さんから受けたりします。

新築一戸建てを購入するときにかかる費用について

購入するときにかかる費用 新築一戸建てを購入する際、土地建物代金の他にかかる費用が色々ありますので、把握しておきましょう。
まず諸費用についてですが、登記(表示登記・保存登記含む)、火災保険、仲介手数料、印紙代があります。
登記は一戸建ての大きさにもよりますが、約40万。
火災保険も種類によって金額が違いますが、スタンダードで約20万。
建物が省令準耐火仕様だと火災保険が半分になります。
仲介手数料は約100万円前後。
契約、住宅ローン時に使う印紙代は約5万です。
どんな新築一戸建てかによって金額が変わってくるので、不動産会社に見積もりをだしてもらうと良いでしょう。
それとは別に、オール電化にするかどうかでエコキュート買取やカーポート、食器棚など、オプション工事を追加でする場合は別途でかかってきます。
また、工務店によってはサービスで照明、雨戸などついていない場合がありますので、ついていない場合はその費用も必要になりますので、購入を考える前に家の中を十分に見て理解するようにしましょう。
戻ってくる費用もあります。
住宅ローンを組む場合には住宅ローン減税という制度、家を買う時の補助金制度ですまい給付金という制度があり、申請すると受けれるようになります。

おすすめ新築一戸建て関連リンク

新築一戸建てや中古マンションなどの不動産が揃ってます!

葛飾区の新築一戸建てはこちら