新築一戸建てのローンの審査に通るために気をつけることとは

ローンの審査に通るために 新築一戸建てを現金一括払いで購入するというのは現実的ではありませんので、基本的には住宅ローンを組むこととなります。
しかし、住宅ローンは希望すれば誰でもが組めるわけではなく、審査が行われますので、ローンを組むためにもその基準を満たしているのかを把握しておくことが大切です。
まずもっとも重要視されるのが年齢です。
完済時の年齢が80歳未満であることが多いことから考えれば、40代後半や50代になってローンを組む場合は返済期間を短く設定することが必要といえます。
また勤続年数や雇用形態もポイントとなります。
安定した収入が長く続いていれば返済能力が高いとされますので、最低でも勤続年数3年以上を目安にするとよいでしょう。
またローンによっては派遣社員や契約社員は対象外となっていることもありますので注意が必要です。
最後は債務状況です。
カードローンなどで多額の借入をしていたり、返済遅れや滞納があると審査では不利になりますので、その点を事前にクリアにしておかなければいけません。
また返済遅れや滞納の記録は一定期間、信用情報に残りますので、この場合、すぐに住宅ローンに申し込むのではなく1年程度待った方がよいでしょう。
新築一戸建ての購入には大きな額が動くため、審査に通るために自分の信用情報を高めることが大切なのです。

新築一戸建ての住宅ローンに通らない人の特徴とは

ローンに通らない人の特徴とは 新築一戸建ての住宅ローンの審査では、安定した収入を得ているということが重視される傾向があります。
意外なことですが、年収が800万円くらいあっても、自営業の人は審査に通りにくい傾向があります。
芸能人なども、高い収入を得ていても住宅ローンでは不利になるようです。
自営業でも、医者や弁護士などは例外的に有利になります。
銀行にもよりますが、正社員だけに対象を絞っているところもありますので、安定した収入を得ているということがなによりも重視される傾向があります。
派遣や契約社員の人は、頭金を2割~3割くらい用意することで、審査に通りやすくなるという意見もあります。
新築一戸建ての住宅ローンの審査に通らない人は、頭金を増やすという方法がおすすめです。
過去にたった1回でも延滞の記録があると不利になるので、個人信用情報に傷をつけないように、クレジットカードの支払いなどはしっかりと行っておきましょう。
携帯電話の支払いも影響することがあるので、注意が必要です。