初期費用を用意する手段

初期費用を用意する手段 新築一戸建てを建てる場合、住宅や土地のお金は、住宅ローンを組みますが、その他にも、初期費用として、住宅と土地の価格の5%から10%の諸費用が別途必要になります。その他にも税金や金融機関に払う費用もあります。予め現金で用意できれば問題ないのですが、金額が大きい為、用意できないと慌ててしまう場合も多いようです。

新築一戸建てを建てる場合の初期費用を用意する手段は、金融機関にもよりますが、そのまま住宅ローンに組み込んでしまう方法と、住宅ローンとは別に諸費用のローンを利用するという事になります。住宅ローンと同じように、変動か固定か金利を選ぶ事が出来ます。借り入れ金額よりも返済内容が自分にとって適正なのか余裕をもって十分に検討する事が必要です。

その他にも、引越し代やインテリアや電化製品などの購入費がかかってきます。これらは、住宅ローンや諸費用のローンに組み込む事が出来ないので別途、現金を用意するなど予め考えておかなければなりません。

新築一戸建てに割引はあるのか?

新築一戸建てに割引はあるのか? 基本的には新築一戸建てに割引はないと思っていただいて良いです。
逆に、大幅な割引をして契約を取ろうとする会社には注意が必要です。
よく「当社で○月までに契約してくださったら○○万割引します!」と営業マンに言われたという話がありますが、「そもそもその価格で売れるならどうして最初から言ってくれないの?」と思いませんか?最初は暴利で売る気だったという事になりますよね。もしかするとノルマ等でどうしても売らないといけないのかもしれません。どちらにしても、それは業者側の都合でしかありません。
良心的な会社であれば、最初から適正な価格で見積もりをしてくれるはずです。
せっかくの新築一戸建て、大きなお金を支払って長く住んでいくためのものです。建てて終わりではありません。住んでからこそ長くつきあっていくのが住宅会社です。安心して暮らしていくことを望むのであれば、見積もりの段階から信用できる会社を選び、楽しく家造りをしていきましょう。